2020年10月 4日 (日)

懐かしい金属部品

何年も脆性材料を手がけているところに突然、大きな金属材料の依頼が来ると勘が狂う。大きいと言っても6インチ。小さい材料ばかり手がけている現在では「大型」の部類だ。昔は金物ばかり磨いていた時期が何年かあったが若手に技術移管してからはずっと結晶材料、セラミック材料だった。金属部品の研磨技術を評価されて関西から関東に引っ越してきて現在に至る。今、手元にあるこの部品はプロフェッショナルとして自分に大きな変化のきっかけを与えてくれた感慨深い製品だ。大きな精密研磨面に写った自分の顔を見て20年前の自分と重ね合わせるノスタルジー。笑

鋼材研磨が単結晶材研磨と比較して難しい部分、それは純粋な材料ではなく不純物が多く含まれているのを承知で平坦化しなければならないことだ。材料的な機能は問われないから表面の粗さ、形状精度だけが問われる。ゆえに加工変質層という考え方はこの部品に必要ない。金属顕微鏡で見える傷も問われないが目視で見える傷はダメだ。平面度、エッジのダレ無しを問われる部品では基本、仕上げのパッド研磨ができない状況にある。今回の金属部品ではエッジを問われず最終仕上げにパッド研磨を施すことができた。それでも短時間で10分程度である。

こうして仕上げられた鋼材は表面粗さ1nmRaを切る。こんな精密な研磨面を鋼材に要する案件は国内にもう数えるほどしかないと思う。10年後にはロスト・テクノロジーになっているかもしれない。加工中に立ち上る金属の削れる独特の香りが一層、これまで歩んできた道のりを思い出させてくれる。

 

| | コメント (0)

2020年9月26日 (土)

漢字部首から動作を予測


工作機械のタッチパネル操作部分は言語設定ができる仕様がほとんどなわけだがウチにある円筒研削盤は日本語表示しかできない。外国人研究者がこの機械を使う時に日本語表示って「無理ゲーでしょ?」と思ってた。日本語表示っていうのは漢字表記のことね。

ところがである。一緒に働いているフランス人女子はどこで勉強したのか漢字の部首を断片的に知っていてボタンに表示されている漢字を見てマシンの動きを予測することができるのだ。彼女からこのマシンの使い方を教えて欲しいと頼まれた時に英語表示にできないゆえに説明に困った経緯がある。ところが漢字の部首が少し解るというから操作パネルの写メをスマホで撮ってもらい、各ボタンの機能を1回説明しただけでマシンを使えるようになってしまったから驚いた。スゴくない? 今では1人で立ち上げて使ってる。
それにしても外国人が多い職場に日本語表示しかできない機械を入れるというのもナンセンスな話だな〜

| | コメント (0)

2020年8月18日 (火)

SiCの研磨レート

パワー半導体用SiCの1次研磨工程の実験で研磨レート6μm/hに到達した。研磨装置の構造に剛性があって面圧を更に上げられるなら10μm/hは容易に狙える気がする。なお、他の援用効果を付加すれば15μm/hくらいまで上昇する見込み。今後はこのメカニズムを解明してゆく作業に着手する。

そしてこれは焼結材SiCで作られるミラーなど光学用途にも展開できる可能性があり、光学ピッチを使った研磨にも利用が可能だ。平滑性も抜群に良い成果が得られている。

5b2d71f19e4f4bf798e5c7f4fb6d6ba7

| | コメント (0)

2020年8月15日 (土)

刃物研磨の計画

天然砥石を使った木工加工の刃物研磨を精密研磨技術にて実施した場合にその刃先は木材表面にどのような付加価値を生じるかというテーマで動き始めた。この一連の取組は最終的に動画になって公開する予定でいる。

この取組に必要な要素を以下に示す。
① 協力してくれる現役の木工技術者(平鉋を使用)
② 刃物のシャープエッジを確保する研磨技術
③ 刃先と木材表面を観察する評価技術
④ 動画収録と編集、英語の字幕を入れて公開

②番と③番、④番は心当たりがあるが、①番の「協力してくれる木工技術者」を探している。木材表面にどのようなテクスチュアが出現するのか興味ある技術者が参加してくれることが望ましい。夏休みの自由研究みたいでちょっと面白そう。

価値がありそうな結果が得られたら動画は公開するが、そうでない場合は公開しない。別の企画を用意する。自分で試してみたいという木工技術者には刃物を支給していただければ同じ仕様で磨いて返却ができると思う。英語の字幕をつけた動画を公開する理由は世界中の木工職人に視聴してもらうためだ。

Img_6777

| | コメント (0)

2020年8月14日 (金)

コロナで思うこと

いつの間にか所属部署の名称が変わっていた。1年近くも古い部署名を使っていたのに早く教えて欲しい。名刺に書いてある古い部署名を修正しなければならないな。理由は分からないけど自分の名刺は自分で作ることになっているものだから、デザインもレイアウトも自分勝手にアレンジOK。

今のうちに連休を取らないと仕事のスケジュールがヤバいことになりそうなので今週は休みにして京都まで寺院巡りをしてきた。東京駅も京都駅も今まで見たことないほど人が少なかったので驚いた。これじゃ潰れる店も出るわけだ。

フリーランス2年目でコロナの影響をたまたま受けずに済んだが今後、どんな災難がやってくるか分からない。景気や天災に左右されないビジネスモデルを構築していく必要がありそうである。会社や他人任せにしないで自分の身は自分で守るスキルについて真面目に考える良い機会になっている。

| | コメント (0)

2020年7月 5日 (日)

何でも屋かよ( ̄▽ ̄)

平常時は「全力」の半分の出力で働く。常に全力で飛ばしていると急な案件が重複した際に倒れてしまうからである。他の職員に平常時50%ドライブ体制にて案件処理のスケジュールを計画してもらうようにすると無理のない処理ができる。しかし、どうしても急な要望を伴うイレギュラーな事例が生じた時だけ短時間のMaxドライブで飛ばすということにするとストレスが少なくていい。大切なのは案件を持ってくる職員に平常時50%ドライブだと言うことを悟られないことだ。そもそも、時間がかかるとか多くの費用がかかるなど、今まで簡単にできなかったことが「簡単にできる実績」を見せてしまうと彼らに「甘え」が生じる。それがこちらの仕事を増やしてしまう原因になっているのは否めない。

切る、穴空ける、平面を研磨で保証する以外にネジ山が潰れた穴をタップで修正するとか便利グッズを探して注文するなどトラブルになると必ず内線電話が鳴る。「他の仕事で忙しいです!」「それは私の仕事じゃないです!」とハッキリと強く言えばいいのだと思う。なのに、そこは小生の性格を読まれているのか、懇願されると「それじゃ話だけでも」とついつい顔出してしまうからイケナイんだな。人に頼られる事に悪い気はしないという「お人好しキャラ」を卒業できる日は来るだろうか。

悪い気はしなくとも流石に休みの日に携帯に電話が鳴るとつらいので毎月の初めに自分が出勤する予定を表にしたものを関係者に配布するようにしてディフェンスを張っているのだ。オフの日に山でソロキャンプをして静かな時間を堪能している最中に電話が鳴った時にはちょっとビックリしたけど。キャンプに行くなら電波が届かない場所へ逃げるのが良いと学んだ。出勤日を伝えておいてもコレだもん。

53e920862bb14d4f8d10d1ac324c1164

自分の手の骨を見るのは初めて。笑

| | コメント (0)

2020年6月30日 (火)

「簡単に言うなよ」だって。

元ZOZO社長の前澤氏がツイッターで「車の運転が好きだからドライバーやる。人が好きだから接客業やる。釣りが好きだから釣具屋さんで働く。好きなことを仕事にすることってそんなに難しいことじゃないと思いますけど」と呟いたら「簡単に言うなよ」とか否定的な意見も寄せられたという記事を読んだ。

「好きな仕事」って自分ではどうにもできない状況から「自分に何ができるか」を突き詰めていった人だけが到達できる場所だと小生は考えている。最初からその仕事が好きかどうかよりも取り組んでいるうちに自分が置かれたポジションの手応えを感じるとか小さなプロセスを通してそれが「好きな仕事」になることも多いはずだ。だから前澤氏の呟きを読んで何の違和感もなかった。

どのような職業であれ、何ができるかを自分自身に問いかけるとそこに置かれている意義や喜びが見い出せるはずだ。仕事が楽しくなるにはいくつかのエレメントがあると思う。同じ向上心を持つ仲間との出会い、同業者同士の交流、アイデアを共有して一緒に夢を見ようと手を延べてくれる友人などがそれである。他人任せにすることで自分を正当化しようとする夢のない労働者は自分を変えるのが怖くて仕方がない。実は前澤氏と同じようなことを職場の先輩に言ったことがあるが、記事と同じく「オマエ、簡単に言うよね」と彼が返答したことを思い出した。

もっと面白くなるように取り組んでいる現在、次から次へと自分にできそうなことを思いつく。しかし、すべてを完成することはできないだろう。だが、人は棺桶に片足を突っ込んだ状態でもやり直すことができる。明日に死ぬと分かっていてもだ。

| | コメント (0)

2020年5月24日 (日)

ドュケルバン腱鞘炎

ドュケルバン腱鞘炎というものに最近、悩まされている。職業病とも考えられ、手首関節の腱鞘炎で完治しにくいようだ。完治しにくいというのは痛むのが自分の利腕で、仕事でいつも手を使うものだから完全固定で炎症が鎮まるのまで負担をかけないという保全療法が現実的に無理であるため。仕事を1ヶ月休んで手首を使わなければ治るかもってフリーランスにそれは辛い。最終手段で即効性があるのは切開して腱を圧迫している部分にメスを入れることらしい。切っちゃうか?

世代交代、技術継承、引き継ぎという言葉が頭によぎる。手首に負担がかかる作業とは研磨で使う金属製のウェイト(おもり)を上げ下ろしする瞬間である。寸法や精度を追い込む時は何度も数キロあるウェイトを載せたり降ろしたりを短時間に繰り返す。ウェイトと研磨治具が水分や研磨スラリーで濡れると互いが吸い付いて重さ以上のパワーをかけないと分離、ウェイトが持ち上がらないという現実を現場経験者の読者なら容易に想像つくと思う。量産現場ではウェイトを手で載せるのではなくシリンダー加圧が中心である。これなら手首に負担がかからない。ウチのマシンはそういう構造ではなく、少量多品種生産なので諦めていた。

しばらくは写真のようなサポーターで手首を保護しながら仕事することにした。切らずに回復することを祈るばかりである。皆さんも気をつけていただきたい。

Img_6562 

| | コメント (0)

2020年5月22日 (金)

断面観察試料の留意点

断面観察を目的としてセラミックをフラットに磨く案件。密度が低い材料なので加工中に液を吸収するから加工条件を選ばないと汚れが材料内部に入り込んで精密な分析ができなくなる。黒い汚れが白いセラミック内部に一旦入り込めば、どんな洗浄をしようがその白さを再び取り戻すことはできない。勿論、密度が高いセラミックなら汚れないものもある。最初の頃、セラミックに汚れが入り込むなんて考えてなかったものだから、光学顕微鏡で研磨面を観察すると、材料に含まれていないはずの金属が隙間に入り込んでキラキラしていたのは良い思い出。今現在、メタルフリーで光沢を出すからコンタミネーションフリー。

我々は小型の研磨装置に固い研磨プレートを載せて使っている。軟質のパッドを使って磨くと段差を生じて平坦性を損なうからである。研磨面に何を求めるのか、研究員や担当者も解ってないことが多いから、こちらが相手の「研磨面を使って何をやりたいのか?」を聞き出すことからプロセス設計は始まる。職場のユーティリティーの仕様を把握していることが重要で、砥石の番手、ステージの大きさ、砥粒の種類、研磨プレートの種類、固定方法など理解していないと請けられない。仕事の基本は内部完結。外部に出すと想定外の費用が発生するからである。

どんな材料が来ても手を抜かず超精密研磨面を貫くという気合の入ったアイデンティティは過去に棄てた(笑)。目的を満たすに必要十分な仕上がりに留めるようにすると後々楽である。「如何に手を抜くか」を考えるとも言えよう。過剰な仕上がりは後々に自分の首を絞めることになるのだ。なので最初に十分な打ち合わせを必要とする。

| | コメント (0)

2020年5月15日 (金)

面白いことしたい

以前のグループリーダーに「またテレビに出る機会があったら出ます?」と尋ねたら「出るよ!笑」だって。俺たちは懲りないオッサンだから面白そうなことにすぐ首を突っ込んでしまう。ネタを常に探すのは研究者としての姿勢かエンジニアの性か・・・

_5020063

| | コメント (0)

«書かないと伝わらない