« 2019年8月 | トップページ | 2020年3月 »

2020年2月

2020年2月 9日 (日)

中華蕎麦の宇宙

お気に入りの中華蕎麦店。カウンターには紙ナプキンと割り箸、爪楊枝しかなく、調味料の類は一切置かない。主人の仕事ぶりを見ていても「量産」とは程遠い丁寧な仕事をする。だから客がカウンターに座って食券を渡してから中華蕎麦が出てくるまで15分はかかる。アルバイトの若い子が二人いるが彼らにチャーシューのスライス、薬味の下ごしらえ、麺を茹でることは任せる事もあるけれど、スープには一切触らせない。数種類あるチャーシューも店の手作り。麺も特注のブレンド品を数種類、用意している。徹底した拘りを経て供される中華蕎麦、丼の中はまるで宇宙だ。スープを啜れば感じる「味の引き具合」が添加物無しで合わせられた丁寧で手間の掛かる仕事を容易に連想させるのである。

我々の仕事には「丼(どんぶり)」がない。でも手掛けた部品に「宇宙」がないわけじゃない。仕上がった部品には仕様書や検査成績書に載らない「配慮」が隠されている。同業他社のものとパッと見て差はないかもしれないが、使い続けるうちに差が生じる「仕掛け」である。この仕掛けが競争力を生み、専門家がその光沢と「カラクリ」に驚嘆して宇宙を感じる時もあるだろう。少量多品種、少量生産で作り上げる我々の宇宙は中華蕎麦みたいに五感ではわからない。しかし、使えばわかる。

| | コメント (0)

2020年2月 1日 (土)

遅い年頭所感

久しぶりに記事を書く気になった。プライベートではインドアで過ごすことが多かったのに、思い切ってアウトドアに飛び出すことに成功したのである。カメラと三脚を車に積んで遠くまで旅することはここ数年、実現していたが車の中で寝泊まりしていた。それはそれで面白いのだが、これにキャンプ道具を加えて冬の氷点下でも快適に過ごせるようになるとキャンプ好きの人間が集まるようになる。仕事だけ充実していても面白くないなと感じて始めたことでオンもオフも充実させることができるようになった。

職場での業務内容は相変わらず「削る・磨く」である。現場が変わって対象となる材料の種類は変わって今は無機材料専門となった。言われたまま動くのではなく、こちらからの提案を欠かさない。いつも自分の周囲にはチャンスが多く転がってくる。非常に大きなテーマと重要性を持った案件に参加する機会もあって迷わず参加の意思を表明しても、オトナの事情で立ち消えになることはある。人との交流を絶たない限り「チャンス」は自分の方にいくらでも転がってくるものだ。誰かがこんな案件で困っていると聞けば「それ、ちょっとウチで試してみない?」と自然に声を掛けることは転がるチャンスを掴むのと同じじゃないかな。

週末の居酒屋では相変わらずサラリーマンたちが上司や会社への不満を酒の力を借りて語っている。若い時は自分もそうだった。20代、30代、40代と年齢とスキルを重ねて今は50代。自分が何をするのが良いことなのか、何ができれば自分のためになるのか、どのように変化することがこれからの日本で必要なのか、こういったことに自分なりの答えと行動力を持つべき年齢に達していると思う。自分の出した答えのひとつがフリーランスのエンジニアという形態である。やりたい事を形にするためにはどうしても、動きやすいこのスタイルが必須。

プライベートも充実してきた今、考えなければならない課題は健康管理と体力づくりだ。運動に関して「明日から本気出す」てな具合で何年も先送りしてきた。ジムに通って腹回りのたるみを引き締めるのが目標となる。そうしないと着れるスーツが無くなる。笑

_1240048_10100194b6295ea4e2240abb8c2c9acb1be7750

| | コメント (0)

« 2019年8月 | トップページ | 2020年3月 »